MENU

飲む日焼け止めに関しては海外では既に進出済みで常識の範囲内の事のように使用されています。日本でもテレビに取り上げられてから今徐々に人気が広まってきています。飲む日焼け止めが人気になっているワケなんですが、なんといってもそのお手軽さが人気の要因でしょう。

 

普通の日焼け止めなら体に塗らないといけないですから、塗り忘れだったり、塗り直し、敏感肌の人、日焼け止めを落とす手間が従来の商品だとどうしてもこんな手間から抜け出せません。そこで海外で流行している飲む日焼け止めが注目されているのです。

 

海外では飲む日焼け止めをサプリメントと同じ感覚で飲んでいるので安全性もしっかりとしています。体に害を及ぼす成分は入っていないので、使用者からするととても嬉しい事ですね。

 

また、飲む日焼け止めが売れ始めて色んなメーカーが商品を発売して売り上げを上げています。芸能人も使用している商品も多々あり、インスタグラムなんかでも紹介されたりもしています。その中で飲む日焼け止めの主成分がニュートロックスサンという成分を使用しております。

 

これはどの商品を見ても主成分はニュートロックスサンというものを使っていますし、スペインのギュエル大学が10年の研究成果を出している成分で、シトラスとローズマリーを使って、紫外線から肌を守ってくれる天然のポリフェノールなんだそうです。紫外線は年中ありますからそれが気になるけど毎日塗るのは嫌だから仕方なく諦めてしまっている人にはオススメなモノかもしれません。

 

また、値段の方もお手軽で初めての方なら980円で始められます。今後使い続けていくと考えて見積もってもトータルでかかってくるお金は当然安上がりで済みます。もちろん日本で作られているものなので安全性も信用出来ますし、やってみようかなって時には是非オススメなアイテムなのかもしれません。

 

飲む日焼け止めを始めたはいいけれどこんな状況の人が最近ちらほら見えてきているようです。それは、始めるのが遅くて、止めるのが早い。そうです。日差しもだんだんと弱まって涼しくなってきたと感じる9月頃にやめてしまい、それが原因で結局知らず知らずのうちにシミを作ってしまう人が多いようです。勘違いして欲しくないのは涼しくなってきたから紫外線も弱くなったという事です。もちろん弱くはなってはきますが油断はしてはいけません。紫外線には2種類あり、1つは夏場に強い日差しと共に皮膚の炎症だったり、日焼けをするパターンのもので、もう1つは4.5月または9月頃に降ってくる紫外線のパターンはシミだったりしわを作ってしまう原因となります。

 

日差しの強い日とかに日焼け止めをしていれば大丈夫と考える人はものすごく多いと思いますがそれは間違いです。常に外に居てスポーツをしている人だったり、作業や、仕事をする人ならば紫外線はある程度慣れていますからそう簡単には目に付くような変化は起きないでしょうが、あまり外に出ない、仕事も室内でやってる人なんかは少しでも外に出て数時間居るだけであっという間に皮膚に変化が起きてしまいます。

 

だからこそ対策が必要で知識を持って使わないと意味がないということを知ってもらいたいです。塗るタイプの日焼け止めを使っている方が飲むタイプに変えるとお手軽さに驚くと思います。また、このサプリメントを使用するにあたって、副作用なども心配されると思いますが、その辺も安心で副作用という副作用はほとんどありません。また、植物由来99パーセントで作られていますので安全性も高くて4歳以上のお子様でも使用できるようです。

 

飲み方に関しても1カプセル辺り、4時間?6時間程度効果が持続するそうなので、その度に塗り直しなどをすることに比べてカプセル1つ飲むだけですから、本当にお手軽で優れものですね。特に女性の方なんかでしたらシワやシミは気になるところでしょう。なので、是非購入して紫外線対策をしましょう!